珉平焼 花尽くし文小皿 淡路焼

珉平焼 花尽くし文小皿 淡路焼

画彩が鮮明で花々が丁寧に描かれています。土質は柔らかく京都の粟田焼に似ています。民平焼きは主に黄色や緑色の彩陶が有名ですが、この様な繊細な絵付は珍しいと思います。7枚とも良い状態です。

 

時代:江戸時代後期~明治

サイズ:直径約15cm、高さ3cm

在庫数:6枚 (1枚¥12,000)

 

1818年~30年頃に集賀珉平が創業。

1828年 黄色や緑色の美しい釉薬を発明。

1838年 茶褐釉 鬱白陶を創製した。

1870年 珉平が没した時は資産が無く借金があったそうだが、その後海外に大量に輸出され民平焼きの名声は高くなった。とある。(原色陶器大辞典より)

    ¥12,000価格