花文絵替わり木皿 12枚 長野横笛作 江戸時代後期

花文絵替わり木皿 12枚 長野横笛作 江戸時代後期

sold ありがとうございました。

黒塗りに朱色で季節の花々を描いています。

20枚入りの木箱には長野横笛(ながのおうてき)の印があります。

江戸時代後期の京都の蒔絵師のものだと思います。

時代を経た漆器は透明感を持ち、

黒塗りが生地に馴染んで少し茶色に変化しています。

80年~100年ぐらい経たないとこのような色にならないと言われています。

(※日に焼けたものではありません。)

多少の摺れはありますが良い状態です12枚あります。12枚組:30,000円(木箱が付きます)

単品販売も可能です、その場合は1枚3,000円となります。

 

時代:江戸時代後期

サイズ:直径10.8cm、高さ2.9cm

 

 

 

    ¥0価格