粉彩花文中皿 7寸 清朝 中国陶器

粉彩花文中皿 7寸 清朝 中国陶器

色とりどりの華やかなお皿です。花や枝の部分にぼかしが見られ丁寧に描かれています。縁は金彩です。裏銘は成化年製。無傷。

時代:清朝後期

サイズ:直径21.5cm、高さ3cm

 

清時代の康煕年製(1644~1722年)頃から発達したという粉彩の技法はヨーロッパの無線七宝の技術を取り入れたといわれ、色料が不透明のため他の色を塗り重ねる事ができ、にじみやぼかしなどの多彩な表現ができるようになり、絵画の様な表現も可能となったとの事です。

 

 

 

 

    ¥0価格